ホテルのチェックアウト3つのポイント!中学英語で簡単英会話

チェックアウトをするときのポイントは、3つ。これだけは押さえておきたいポイントと、中学英語で簡単にチェックアウト出来る英会話表現をご紹介します。一番大切なことは、精算を正確に行うこと、英語ではどのように確認すればいいでしょうか?予定を変更したい場合もありますね。ここでご紹介する表現を使って、すっきりチェックアウトを済ませましょう。

ポイント

1.精算は、落ち着いて正確に
2.荷物、貴重品などの忘れものをしない
3.チェックアウト時間の変更の希望があれば伝える

1.チェックアウトをお願いするときの英会話

事前にチェックアウトの時間を確認しておきましょう。確認したいときには、「チェックアウトは何時ですか?」When is the check out time? と聞くと教えてもらえます。

宿泊客がチェックアウトする時間が重なり、混み合うと待たされたり、時間がかかることもあります。チェックアウトは、なるべく少し余裕をもって行くと、あわてずに済みますね。

チェックアウトは、ホテルのスタッフが進める流れに沿って行えばOKです。

 

あなた
「チェックアウトをお願いしたいのですが。」
I’d like to check-out,  please.
I’d like to ~は、「~したいです。」と希望を伝える、とても便利な表現です。
ホテル
「はい、お部屋は何番ですか?」
Sure,  what’s your room number?
あなた
507号室です。」
(Room)507.
*部屋番号の読み方:0は「オウ または ゼロ」と読みます。507は、「ファイヴ、オウ、セブン」です。
*同じ数字が2つ続く場合は、その数字の前に「ダブル」double 〜”、3つ続く場合は 「トリプル」triple をよく使います。1003は、「ワン、ダブルオウ、スリー」です。他にも読み方はありますが、この読み方を覚えておけば大丈夫です。
・部屋の鍵を返却します。
あなた
「これが(カード)キーです。」
Here is the (card) key.
ホテル
「ミニバーは利用されましたか?」
Did you use the mini-bar?
*ミニバーとは、部屋に備え付けられている小型の冷蔵庫のこと。通常、冷蔵庫の中の飲料は有料です。一見普通の冷蔵庫のように見えても、中の物を動かしただけでカウントされる仕組みになっているものもありますので、ご注意ください。
あなた
「いいえ、していません。」
No, I didn’t.
ホテル
「請求書を確認して、ここにサインしていただけますか?」
Could you check this bill and sign here?
Could you ~は、「~していただけますか?」とお願いするときに使える、丁ねいで便利な表現です。
ホテル
「どのようにお支払いになりますか?」
How would you like to pay?
*ここでのHow は、「どのように?」と方法、手段を聞いています。
あなた
「クレジットカードでお願いします。」
By credit card〔またはcharge, please.
chargeもクレジットカードでの支払いのことで、よく使います。
*「現金で」は、by cash
あなた
100ドルは現金で、残りはクレジットカードで支払いたいのですが」
I’d like to pay 100 dollars〔bucks〕in cash and the rest by credit card,  please.
100 dollarsは、「ワン・ハンドレッド・ダーラーズ」と読みます。アメリカではdollars の代わりに bucks「バックス」をよく使います。
ホテル
「ご登録されているクレジットカードに請求してよろしいですか、別のカードでお支払いになりますか?」
Should we charge the credit card on file or would you like to use a different card?
あなた
「登録されているVISAカードを使います。」
I’ll use my Visa card on file.
あなた
「領収書をいただけますか?」
Can I have the receipt?
receipt は、「レシート」と読み、pは発音しません。

・フロントに貴重品を預けていたとき

あなた
「預けていた貴重品を出したいのですが」
I’d like my valuables back.
valuables は「貴重品」のことです。この意味では、通常、複数形で使います。
ホテル
「ご滞在いただきありがとうございました。
またのお越しをお待ちしています。」
Thank you for staying with us.
Hope to see you again.
あなた
「ありがとう。ここでの滞在は楽しかったです。」
Thank you. We enjoyed our stay here.
*滞在に満足した場合は、こちらからも感謝の気持ちを伝えましょう。

2.請求書を確認するときの英会話

2-1 請求書の確認を依頼するときの表現

・請求書を見て、心当たりのない金額があれば、必ず確認しましょう。

あなた
「この請求書は、間違っていると思います。」
I think this bill must be wrong.
あなた
「ここの金額は何ですか?」
What’s this charge〔または amountfor?

あなた
「もう一度確認してください。」
Could you check it again?

2-2 使っていない金額を指摘するときの表現

あなた
「このサービスは使っていません。」
I didn’t use this service.
this service の言い換え表現
ルームサービス the room service
クリーニング サービス laundry service
あなた
「ルームサービス費が回チャージされています。」
The room service fee is charged twice.
twice は、「トゥワイス」と読みます。「回」は、three times です。
あなた
「ルームサービス代は、その場で支払ました。」
I paid for the room service when I got it.
あなた
「それは昨晩、すでに支払いました。」
I already paid last night.
already は、「すでに」という意味です。
last night の言い換え表現
昨日 yesterday
昨日の夜 yesterday evening とも言います。
昨日の朝 yesterday morning
昨日の昼 yesterday afternoon
81日に on August 1
水曜日に on Wednesday
あなた
「この代金は部屋付にしていません。」
I didn’t charge this to my room.
あなた
「この電話はかけていません。」
I didn’t make this call.
*国際電話 international〔または overseascall
あなた
「これは飲んでいません。」
I didn’t drink this.
あなた
「(ミニバーの)ビールは2本飲みましたが、3本ではありません。」
I had 2 beers, not 3 (in the mini-bar).
have で「食べる、飲む」を表せます。
あなた
「有料テレビ〔または 有料チャンネル〕は見ていません。」
I didn’t watch any pay TV〔pay channel〕.

3.チェックアウトの時間を早めたり、遅くしたいときの英会話

3-1 急いでいたり、早くチェックアウトしたいとき

混雑時には、なるべく待たされる時間を少なくするために、カウンターに行前に、精算をお願いしておくとよいですね。

あなた
「これから部屋を出ます。
請求書を用意しておいてくれませんか。」
I’m leaving now.
Could you prepare my bill?
または
Could you have my bill ready?
あなた
「明日の朝、早く出発したいのですが。」
Could I check out early tomorrow morning?
または
I’m leaving early tomorrow morning.
*翌朝、早く出発する場合には、予め伝えておくと、スムーズに対応してもらえることでしょう。朝食付きの宿泊で、朝食時間より早く出発する場合は、朝食の相談もしておくと良いと思います。何も伝えていないと、ほとんど何も対応してもらえないこともあります。

*早朝の出発の場合でも、チェックアウトを前日に済ませることは、嫌がれることが多いです。その後に電話や飲食などされると困るからのようです。

*エクスプレス・チェックアウト
混雑を避けるため、カウンターに立ち寄らずに、チェックアウトを部屋で行う、エクスプレス・チェックアウトが出来るホテルもあります。チェックインのときなどに、フロントでクレジットカードを登録しておくことが必要です。部屋にあるテレビ画面で請求書を確認してOKなら、そのカードで精算され、あとはルームキーを所定のボックスやカウンターに返却すればいいので便利です。精算書は後から送られて来ます。フロントに自動精算機が置かれているホテルもあります。エクスプレス・チェックアウトの方法もホテルによって異なりますので、確認してくださいね。

3-2 チェックアウトを遅くしたいとき

あなた
「チェックアウトを(無料で)遅く出来ますか?」
Can I check-out later (at no charge)?
または
Could I delay my check out (free of charge)?
*「無料で」は、at no chargefree of chargefor free などと表します。
あなた
「チェックアウトを遅らせると費用がかかりますか?」
Would there be a fee to delay the check-out time?
あなた
「もし可能でしたら、時まで滞在したいのですが」
I’d like to use the room until 5 p.m.,  if possible.
until は、「~まで(ずっと)」の意味です。
あなた
「はい、5時までご滞在いただけますが、2時以降は追加料金がかかります。」
Yes,  you can stay until 5,  but there will be an extra charge for staying past 2.
pastは、「~過ぎ」という意味です。アメリカでは、after も使われます。

4.荷物のお願いをするときの英会話

あなた
「あと20分位で部屋を出ます。
荷物を下へ運んでいただけますか?」
I’m leaving in about 20 minutes.
Could you bring my baggage down?
I’m leaving は、今準備を進めているニュアンスです。
*翌朝、出発が朝早いときには、前日にお願いしておくといいですね。
あなた
「荷物を下ろすのに、ベルボーイに来ていただけますか?」
Could you send someone to bring my baggage down?
あなた
「明日の朝、10分前に荷物を下ろしていただけますか?」
Could you bring my baggage down at 10 to 7 tomorrow morning?
10 to 7で「710分前=650分」を指します。「710分過ぎ」はpastを使って10 past 7と表します。

・チェックアウト後、荷物を預かってもらいたいとき

あなた
4時まで荷物を預かってくれませんか?」
Could you keep my baggage until 4?
あなた
「部屋に忘れものをしました。」
I left something in my room.

5.タクシーやバスに乗りたいときの英会話

5-1 タクシーに乗りたいとき

あなた
「タクシーを(10時に)呼んでもらえますか?」
Could you call a taxi for me at 10?
ホテル
「かしこまりました、ロビーでお待ちください。
タクシーが来たら、お呼びします。」
Certainly, please  wait in the lobby.
I’ll call you when the taxi comes.
あなた
「荷物をタクシーまで運んでくれませんか?」
Can you bring my baggage to the taxi?

5-2 バスに乗りたいとき

あなた
「空港行きのバスはどこから乗れますか?」
Where can I catch the bus to the airport?
あなた
「空港へのシャトルバス(送迎バス)はありますか?」
Is there a shuttle bus to the airport?
あなた
「ABC駅へのバスは、どこからの乗れますか?」
Where can I get the bus to ABC station?

6.延泊や、宿泊を1部キャンセルしたいとき

あなた
2泊延長できますか?」
Could I extend my stay (for) two more nights?
あなた
「もう1泊したいのですが。」
I’d like to stay one more night.
名前
1日早く出発したいのですが。」
I’d like to leave one day earlier.

7.チェックアウトで気をつけたいこと。

1.部屋の金庫も確認

出発前に、部屋を出るときには、忘れ物がないか確認しましょう。急いでいるときには、うっかりしがちですね。特に部屋の金庫に貴重品を入れていた場合は、取り出すのを忘れずに。

2.精算書の内訳をしっかり確認

2-1 部屋付けの金額精算終了後は、金額に間違いがあっても返金されないことを前提に、精算書の内訳の確認は慎重に行うことが大切です。ホテル内での買い物や有料サービス、レストランでの食事など、部屋付にした金額は控えておきましょう。特にチェックアウトの当日の朝、部屋付にしたものがあった場合には。請求書に反映されるまでに少し時間がかかる場合あります。明細に入っているか確認しましょう。

2-2 保証金や仮チャージの返金
実際に使用した金額の他に、チェックイン時にクレジットカードを登録して、デポジット(預り金、保証金)をチャージされたり、カードが有効かどうかの確認として仮チャージされること(プリオーソライゼイション)もあります。チェックアウト時に、使用していない金額は返却されますが、きちんと返金されていすか、明細書の中のプラス・マイナスの金額をよく確認することが大切です。

また、万が一、後日クレジットカード決済が精算金額と異なるような手違いがあった場合に備えて、決済が終わるまでは、領収書などは残しておくことをおすすめします。クレジットカードの明細もしっかり確認しましょう。

3.変更の希望は、分かり次第伝える

チェックアウト日時の変更チェックアウトの時間を遅く(レイトチェックアウト)したい、滞在予定期間を短めて早く出発したい、延泊したいなどの希望は、分かり次第、早めに相談しましょう。部屋の空き状況によっても対応が変わります。追加費用がかかる否か、有料の場合の料金など、対応はホテルや時期によっても異なります。旅行会社やホテルに聞いておくと、いざという時に安心です。

8.まとめ

チェックアウト後はホテルを離れてしまいますので、心残りなく、気持ちよく済ませたいですね。後でトラブルにならないように、お金がからむ部分は、特に慎重に確認しておきましょう。

英語にあまり自信がなくても、スタッフとの英会話は中学英語で十分です。単語や指差し、紙に書いたり、表情でも伝えるなども助けになります。ホテルに満足した場合には、最後に、快適な滞在に感謝の気持ちを伝えることが出来たら完璧ですね!