レストランでらくらく注文!簡単な英会話例文で旅行を10倍楽しもう

海外旅行の一番の楽しみの一つが食事ですね。ここでは、レストランで注文するときの英会話をご紹介します。

英語に自信がなくても、大丈夫!よく使う簡単な例文を覚えれば、単語を入れ替えて、いろんな注文ができますよ。メニューを選ぶワクワク感といっしょに、レストランでの会話も楽しめたら、旅の楽しみが10倍増えることでしょう。

1.飲み物を選ぶときの英会話例文

レストランで注文する

海外のレストランでは、日本のように、席につくと頼まなくても水が提供されることはほとんどありません。ミネラル水は有料なことが多いです。水道水はtap waterといい無料ですが、生水が心配な場合には、ミネラル水を注文しましょう。

そのため、料理を選ぶ前に、まず飲み物を聞かれることが多いので、最初に飲み物を注文するときの会話をご紹介します。

この記事の最後に、注文するときの英会話のコツもまとめていますので、どうぞ参考にしてください。

ウェイター
「初めに何か飲み物はいかがですか?」
Would you like something to drink first?
あなた
「どれがおすすめですか?」
Which do you recommend?
ウェイター
「クラフトビールはいかがですか?おいしいですよ。」
How about this craft beer? It’s very good.

*How about ~?は、相手の言葉を受けて、「(では)これはいかがですか?」と提案するときの表現です。

あなた
「では、それにします。」
OK. I’ll try it.
または
Craft beer sounds good.
*ビールの文化も国によって異なります。アメリカなど西洋諸国では、泡立たないように注ぎます。
地ビール craft beer地元で醸造されるビール
生ビール draft beer
あなた
「オレンジジュースをください。」
I’d like some orange juice.
または
Orange juice, please.

*お願いするときには、pleaseをつけて、笑顔で丁ねいに頼むと印象がよくなります。

*「オレンジジュース」orange juiceの言い換え表現
ジンジャエール ginger ale
ミネラル水 mineral water
海外では、普通、水も有料です。
炭酸入(sparklingまたはcarbonated)と
炭酸なし(stillまたはregular)があります。

ボトルで頼むときは:a bottle of
グラスで頼むときは:a glass of

あなた
「ワインリストを見せてください。」
Can I see the wine list?

Can I ~?は、「~してもいいですか」と丁ねいに聞くとき表現です。

あなた
「この赤ワインをボトルでください。」
I’d like a bottle of this red wine, please.

I’d like ~は、want~が欲しい」より丁ねいな表現で、いろいろな場面で使えます。覚えておくと便利です。

*「赤ワイン」red wineの言い換え表現
白ワイン white wine
甘口  sweet :sweet white wine
辛口  dry : dry white wine
スパークリングワイン sparkling wine
シャンパン champagne

*グラスで欲しいときは、a glass ofと言います。

あなた
「(ワインの)ラベル〔コルク〕をください。」
Can I have the label 〔cork〕, please?

*おかわりを頼みたいとき

あなた
「もう一杯ください。」
Can I have another one?

ウェイターから聞かれることもあります。

ウェイター
「おかわりはいかがですか?」
Would you like a refill?

Would you like ~?は、「~はいかがですか?」と丁ねいに聞くときの決まった表現です。

あなた
「はい、お願いします。」
Yes,please.

*飲み物は要らないらない場合

あなた
「いいえ、結構です。」
No, thank you.

2.レストランでメニューを選ぶときの英会話例文

食事は旅の醍醐味の一つですから、自分の好みに合った料理を注文したいですね。食事の楽しみは、メニューを選ぶときのワクワク感から始まっています。おすすめの料理や、料理に合うお酒など、メニューを見てもよくわからないことは、気兼ねすることなく、ウェイターに聞いてみましょう。

2-1 おすすめ料理を聞きたいときの例文

あなた
「メニューを見せてください。」
(May I have) a menu, please?
あなた
「おすすめ料理はどれですか?」
What do you recommend?
あなた
「自慢料理はなんですか?」
What’s your specialty?
あなた
「地元の名物料理はありますか?」
Do you have any local dishes?
あなた
「今日の特別メニューは何ですか?」
What’s today’s special?
あなた
「これは何ですか?」
What’s this?
あなた
「それは肉料理ですか?」
Is it meat?
*「肉」meatの言い換え表現
「牛肉」 beef
「豚肉」 pork
「鶏肉」 chicken
「子羊」 lamb
「魚」  fish

*料理に合わせてワインを注文したいときは

あなた
「この料理に合うワインを選んでください。」
Could you recommend some wine that goes well with this meal.
あなた
「ワインリストはありますか?」
May I see the wine list?
あなた
「コースメニューはありますか?
Do you have a course menu?
あなた
「何(どこ)から選べばいいですか?」
What’re the choices?
あなた
「サラダはついてきますか?」
Salad comes with it?
あなた
「デザートはコースに含まれていますか?」
Is dessert included in the sets?

2-2 少し急いでいるときの例文

あなた
「それはすぐにできますか?」
Can I have it right away?
または
「早くできる物はありますか?」
(Do you have) anything quick?
あなた
「軽い物はありますか?」
(Do you have) something light?

2-3 食べられないものがあるなど、料理の材料を聞きたいときの例文

あなた
「何が入っていますか?」
What’s in it?
あなた
「乳製品のアレルギーがあります。何が食べられますか?」
I’m allergic to dairy. What can I eat?

*発音が難しいので気をつけてください。allergicは「アラージック」と発音します。

あなた
「ベジタリアン用の料理はありますか?」
Do you have vegetarian dishes?
*「ヴィーガン」vegetarianの言い換え表現
vegan(ヴィーガン): 肉、魚、卵、乳製品を使わない料理

2-4 料理の量が気になるときの例文

あなた
「量はどれくらいありますか?」
How big is it?
ウェイター
「二人前です。」
It’s for two people.
あなた
「それを分けてください。」
Could you split it?

*Could you ~?は、「~していただけますか?」とお願いするときの表現で、Can I ~?より丁ねいな言い方です。

あなた
「半人前はありますか?」
Do you have a half portion?

3.注文するときの英会話例文

3-1 注文がまだ決まっていないときの例文

ウェイター
「ご注文を承りましょうか?」
May I take your order?
ウェイター
「ご注文はお決まりになりましたか?」
Are you ready to order?
または
Have you decided?
あなた
「まだ決まっていません。」
We haven’t decided, yet.

あなた
「もう少し時間をいただけますか?」
Could you give us more time?

あなた
「ちょっと考えさせてください。」
Let me think.

3-2 簡単に注文するときの例文

あなた
「注文をお願いします。」
(I’d like to) order, please.
あなた
「このコースにします。」
I’ll take this course.

*他の人と同じものを注文するとき

あなた
「あれと同じものをください。」
The same as that, please.

*同じテーブルの人と同じメニューを注文するとき

あなた
「同じものをください。」
The same one, please.
(1人目と同じとき)「2つにしてください。」Make it two.
(2人目と同じとき)「3つにしてください。」Make it three.

メニューを指しながら

あなた
「これをいただきます。」
I’ll have this.
または
「これをください。」
This one, please.

3-3 料理方法(加減)の希望を伝えるときの例文

あなた
「塩分は少なめでお願いします。」
Do not use much salt, please.
あなた
「あまり辛くしないでください。」
Could you make it mild?
または
Not too spicy, please.

*ステーキや卵を注文する際には、焼き加減を聞かれます。

ウェイター
「焼き加減はどのようにしますか?」
How would you like your steak?
あなた
「よく焼いてください」
Well-done, please.
*肉の焼き加減の言い換え表現
中くらい: medium rare
生焼け: rare
ウェイター
「卵はどのようにしますか?」
How would you like your eggs?
あなた
「目玉焼き(片面焼き)でお願いします。」
Sunny-side up, please.
*卵料理の選択表現
半熟 over-easy
中程度に焼く over-medium
固めに焼く  over-hard
半熟ゆで卵  soft boiled
固ゆで卵       hard boiled
スクランブルエッグ  scrambled
ポーチドエッグ(落とし卵、温泉卵のようなもの) poached egg
オムレツ omelet
あなた
「注文は以上です。」
That’s all.

4.注文の変更や、要望を伝えるときの英会話例文

*海外のレストランでは、ふつうテーブル毎に、受け持ちのウェイター・ウェイトレスがいます。お願いや追加の注文は、同じ人に頼みましょう。担当のウェイターが何度か様子を見に来てくれることもあります。

ウェイター
「お食事はいかがでしょうか?」How’s everything?
「ご満足いただけていますか?」Is everything OK?
などと聞かれたら、笑顔で答えましょう。

あなた
「とてもおいしいです。」
It’s very good.

*料理を変更、キャンセルしたいときの例文

あなた
「注文を変えて〔キャンセルして〕いいですか?」
Could  you change〔cancel〕my order?
*料理が来ない、違う料理がきたときの例文
あなた
「料理がまだ来ていません。」
My order hasn’t come yet.
あなた
「私が注文した物ではありません。」
This isn’t what I ordered.
「これは注文していません。」
I didn’t order this.
「わたしは…を注文しました。」
I ordered ….

*食べ方を聞きたいときの例文

あなた
「これはどうやって食べるのですか?」
How can I eat this?
または
Could you tell me how to eat this?

*お皿をもらったり、下げてもらうときの例文

あなた
「お皿を替えてください。」
Could you change this plate?
あなた
「取り皿を3枚ください。」
Three plates, please.
あなた
「これを下げてください。」
Could you please take this away?

*追加注文したいときの例文

あなた
「追加注文をお願いします。」
I’d like to order something else.
あなた
「パンをもう少しください。」
Some more bread, please.

*高級レストランのマナーとして、フォークやナイフを落としたとき、自分では拾いません。
ウェイターに落としたことを伝えれば、拾って新しいものを持ってきてくれます。

あなた
「フォーク(ナイフ)を落としました。」
I dropped my fork (knife).
ウェイター
「お済みですか?」
Are you finished?
あなた
「まだです。」
Not, yet.
あなた
「はい、食べ終わりました。デザートを持ってきてください。」
Yes, finished. Please bring dessert.
あなた
「コーヒーは今お願いします。」
Coffee now, please.

5.食後のデザート、コーヒー・紅茶を注文したい

ウェイター
「デザートはいかがですか? 」
Care for some dessert?
または
Would you like to dessert?
care forは、「いかがですか」の意味です。

あなた
「デザートはいりません。」
No dessert, thanks.
あなた
「デザートメニューはありますか?」
Dessert menu, please.
あなた
「アイスクリームをください。」
Ice cream, please.
*味の種類
バニラ     Vanilla ice cream
チョコレート  Chocolate ice cream
いちご     Strawberry
ウェイター
「食後にお飲み物はいかがですか?」
Something to drink after dinner?
あなた
「コーヒーをください。」
Coffee, please.
*「コーヒー」coffeeの言い換え表現
アイスコーヒー : iced coffee
カフェイン抜きのコーヒー: decaf(ディカフェ:ディを強く発音)coffee
紅茶: tea
ウェイター
「ミルクとお砂糖は(どうしますか)?」
Cream and sugar?
あなた
「はい、お願いします。」
Yes, please.
または
「ブラックで結構です。」
Black is fine.
あなた
「ミルクをお願いします。」
With milk, please.

*コーヒーや紅茶を2つ以上注文するときは、sをつけます。

あなた
「コーヒーを2つください。」
Two coffees, please.
あなた
「紅茶を3つください。」
Three hot teas, please.
ウェイター
「ディナーをお楽しみいただけましたか?」
Did you enjoy your dinner?
あなた
「とてもおいしかったです。」
It was very good.

6.注文するときの英会話のコツ

1.大きな声で、はっきりと強弱をつけて話しましょう。

相手に伝わらわない理由の一つに、声が小さくて聞き取りづらいことが原因ということも多いのです。日本語でもボソボソ言われると、よく聞き取れないことがありますね。自信がないと、声が小さくなりがちですが、意識して、はっきり大きな声で話しましょう。

また、日本語と違い、英語は強弱をはっきりつけることが大切です。be動詞、接続詞、冠詞、前置詞、人称代名詞などは、極めて弱く発音します。これだけでも、ぐっと英語らしい発音になります。

2.単語や身振りだけで伝わることもあります。

注文する場合は、文の形で思い出せなくても、あわてなくて大丈夫です。目の前にウェイターがいるのですから、メニューを指したり、何か飲むしぐさをして単語を言うなど、言葉以外の手段もいっしょに使えば、ぐっと伝わりやすくなりますね。相手も一生懸命理解しようとしてくれますから、言葉やジェスチャーを交えて、笑顔で伝えてみましょう。

3.間違えを気にしない

間違えを気にせず、とにかく英語を口に出すことが大切です。正確に言おうとするあまり、緊張して、言葉が出てこないことはありませんか?これは学生時代に、試験で間違えると減点される経験をくり返してきたことが影響しているとも言われています。正確じゃなくても伝わればOK!と気楽に考えて、楽しく英語を話しましょう。

どんどん英語を話して、英語で会話することに慣れていけば、自然と上達します。

7.まとめ

レストランで注文するときの会話は、決まった表現が多いのが特徴です。食事をする機会は、旅行中に何度もありますから、覚えた例文を何度も使える楽しみがありますね。まずは特定の場面で使う、決まった表現を覚えることが、英会話が出来るようになるコツです。ご紹介した例文を覚えれば、中学英語で十分注文ができますよ。

ただ覚えただけでは、いざ話そうと思っても、とっさに口が動かない!こともよくあることです。場面を思い浮かべながら、発音しながら練習してみましょう。練習しておけば、自信もつきますね。

さらに単語を入れ替えれば、いろんな注文が出来ます。英会話のよい練習にもなりますので、レストランでは、お食事だけではなく、コミュニケーションがとれる楽しさも味わってください。