中学英語でレストランを予約できる!海外旅行を10倍楽しむ簡単会話

食事は海外旅行の大きな楽しみの一つですね。人気のレストランを予約したい!そんな時にすぐに使える、簡単便利な英語表現と、会話のコツをご紹介します。

英語で会話が出来たら、旅行を10倍楽しめることでしょう。英語が得意じゃなくても、中学で習った英語で大丈夫!決まった表現を使えば、言いたいことを伝えることが出来ますよ。

1.電話でレストランを予約する

レストランを予約しよう

レストランを決めたら、予約しておきましょう。特に人気のお店は混んでいることが多く、飛び込みでは「入れなくて、残念」ということになりかねません。

インターネットを使って予約できるお店もありますが、電話を使って予約も出来るようにしておくと便利です。ぜひ、ここに紹介している表現を練習して、使ってみましょう。

予約をする際は、あらかじめ、予約する日時、人数、席の希望(あれば)などを、メモしておくと安心ですよ。

1-1.人数、時間を伝える

お店
「こんにちは〇〇(店名)です、ご用件をお伺いします。」
Hello, 〇〇(店名), how can I help you?
あなた
「今夜の予約をお願いします。」
Hello, I’d like to make a reservation for tonight, please.

I’d like toは、「~がしたい」というときの表現です。
make a reservationは、「予約をする」という意味の決まり文句です。

pleaseをつけると、より丁ねいになり、印象がよくなります。
コミュニケーションをスムーズにするためにも、pleaseをつけましょう。

お店
「はい、何名様ですか? 」
Sure, how many people?

how manyは、数をたずねる時の簡単な表現です。

あなた
「2名です。」
Two, please.
お店
「何時がご希望ですか。」
And for what time would you like?

what timeは、「~は何時?」とたずねる時の簡単な表現です。

あなた
「7時でお願いします。」
Seven (o’clock), please.

*例えば「6時」は、six thirtyす。

*人数と時間を一度に伝えてもOKです。

あなた
「2人の席を、8時でお願いします。」
I’d like to reserve a table for two, at seven tonight, please.

1-2 名前と連絡先を伝える

お店
「かしこまりました。では、お名前と電話番号を教えていただけますか。」
OK. May I have your name and your phone number, please?
あなた
「はい、名前は鈴木です、そして電話番号は…」
Yes, my name is Suzuki, and my telephone number is….

下の名前(ファーストネーム)を伝えてもOKです。

*連絡先は、滞在中のホテルの連絡先を伝えるのがおすすめです。

お店
「スペルをお願いします。」
How do you spell it?
あなた
「Sはsugar(砂糖)のS、Uはunion(団結、連合)のU、Zはzero(ゼロ)のZ、UはunionのU、Kはking(王様)のK、IはIndia(インド)のIです。」
S for sugar, U for union, Z for zero, U for union, K for king, I for India.

*日本人の名前は、伝わりづらいことが多いので、スペルも伝えておくと分かりやすいです。
例に使う単語は、何でもよいのですが、誰にでも分かる簡単な国名、都市名、人名などがよいですね。
「NATOフォネティックコード」などを参考にしてもよいでしょう。

お店
「承知いたしました。今晩7時にお待ちしております。」
All right. We’ll see you  at seven tonight.

1-3 満席のとき、時間を変える

お店
「申し訳ありませんが、その時間は空いている席がありません。 」
I’m sorry, but there are no tables available at that time.

availableは、「利用できる〔空いている〕」という意味でよく使われます。

他の表現では:

お店
「あいにく、そのお時間は満席です。 」
Unfortunately, but we are full at that time.
あなた
「何時なら空いていますか?」
What time is available?

What timeは、「~は何時?」とたずねる時の簡単な表現です。

お店
「9時ならとれます。 」
9 o’clock should be O.K.
あなた
「大丈夫です。 ありがとう。」
It’s O.K. Thank you.
お店
「かしこまりました。予約を承りました。」
Sure. Your reservation is booked.

bookは、動詞で「予約する」という意味です。

1-4 席や、食べ物の希望を伝えよう

1-4-1 席の希望を伝える

あなた
「窓ぎわの〔良い〕席をお願いします。」
I’d like a〔nice〕table by the window.
by the windowの言い換え表現
「眺めの良い席」 with a view
「庭の見える石」 with a view of a garden
「海の見える席」 with an ocean view
「静かな奥の席」 in a quiet corner
「ステージに近い」 near the stage
「テラス席」   on the terrace〔patio〕
「外の」     outside
「室内の」    inside
あなた
「全員同じテーブルでお願いします。」
We’d like to sit together.

1-4-2 食べ物の希望を伝える

あなた
「そちらで生のカキは食べられますか?」
Can we eat raw oyster there?

1-4-3 アレルギーを伝える

あなた
「卵にアレルギーがあります。」
I have an allergy to eggs.

または

I’m allergic to eggs.

*発音が難しいので気をつけてください。
allergyは、「アレジー」、allergicは「アラージック」と発音します。

eggsの言い換え表現
「小麦」 wheat
「牛乳」 milk
「大豆」 soybean

レストランから、食物アレルギーがないか聞かれる場合もあります。

お店
「何か食物アレルギーはお持ちですか」
Do you have any food allergies?

2.ドレスコードを聞く

あなた
「服装のきまりはありますか?」
Do you have a dress code?
あなた
「背広とネクタイは必要ですか?」
Does he need a jacket and tie?
お店
「いいえ、ご自由にしてください。」
No, you don’t have to.
お店
「Tシャツやジーンズはご遠慮ください。」
No T-shirt and jeans, please.
あなた
「はい、わかりました。」
OK. I got it.

get itは「分かる、理解する」という意味の、よく使われる口語表現です。
gotは、getの過去形です。

3.予約を他の日にする、またはキャンセルする

あなた
「わかりました。他の日に試してみます。
とにかく、ありがとうございました。」
I see, I’ll try some other day.
Thank you, anyway.

some other dayは、「いつか別の日に(日をあらためて)」という意味です。

*断るときにも、対応してくれたことに感謝の気持ちを伝えましょう。

あなた
「明日の夜はどうですか?」
How about tomorrow night?

How aboutは、「~はどうですか?」とたずねる時の簡単な表現です。

tomorrow nightの言い換え表現
3月4日の夜 on March fourth   例えば、1日:first、2日:second、3日:third
今度の金曜日 this Friday
あなた
「すみませんが、予約をキャンセルしてください。」
I’m sorry, but I’d like to cancel my reservation, please.

4.レストランの予約を、ホテルのコンシュルジュにお願いする

あなた
「すみません、ちょっとお願いしてもいいですか?」
Excuse me, could you do me a favor?

could you ~は、「~してくれませんか?」とたずねるときの簡単な表現です。
do me a favorは、お願いするときの決まり文句です。

あなた
「レストランの予約をしてもらえますか?」
Could you make a reservation at the restaurant for me〔us〕?

あとは、自分でレストランを予約するときの会話を使って

・日時
・人数
・席の希望  など

レストランに伝えてもらいたい、あなたの希望を、コンシェルジュに伝えておきましょう。

電話と違って、面と向かって話せるので、ジェスチャーや書いたものなどを使うこともできて、電話よりもハードルが低くなるメリットがあります。

5. 英語で会話のコツ

特に電話では、相手の顔も見えず、ジェスチャーも使えません。音声だけのコミュニケーションですので、緊張しますね。

せっかく勇気を出して、英語で話しかけてみたのに、通じなかった…

そんなときには、ガッカリする前に、ぜひ次のことをチェックしてみてください。電話に限らず、英語で会話をするときの、5つのコツをご紹介します。

5-1 ゆっくりと話す

まず、こちらから、ゆっくりと話すことが大切です。

初めにゆっくりと話し始めると、ネイティブではないことを察してくれて、相手もこちらのペースに合わせて、ゆっくりめに話してくれることが多いのです。
特に、サービス業の方は、一生懸命聞いてくれます。

5-2 大きな声で、はっきりと話す

自信がなかったり、恥ずかしい気持ちがあったりすると、つい小さな声になりがちです。周囲の雑音が大きい場合もありますし、特に電話では、音声だけが頼りですので、相手にはっきりと聞こえるように、大きな声で話すことが大切です。

日本語でもボソボソと小さな声で話しかけられたら、よく聞こえないときがありますよね。発音以前に、声が聞き取りづらくて、伝わらないことも多いようです。

5-3 強弱、抑揚をはっきりとつける

英語を話す人の8割はネイティブ以外と言われています。ネイティブのような発音を目指すより、単語のアクセント(強く読むところ)の位置や、文のイントネーション(抑揚)を意識してください。

英語は、日本語に比べて強弱がはっきりしています。強弱を、極端なくらいはっきりつけて発音するだけで、格段に英語らしくなり、伝わりやすくなりますよ。

5-4 話したいことをメモにしておく

慣れていないと、英語を話すのは緊張しますね。ましてや電話で話すときにはドキドキでしょう。あわてると、聞きたいこと、言いたいことに漏れが出たりします。

話したい内容をメモしておけば、落ち着いてそれを読めばいいですね。そこに聞いたこともメモすれば、会話の内容を確認することも出来ます。

必ずメモを用意しましょう。

5-5 練習する

ゆっくりと大きな声で、抑揚をはっきりつけながら、何度も発音してみましょう。練習しておけば、スムーズに発音できるようになり、自信もつきます。

話せるようになるためには、口がスムーズに動くことが大切です。何度もくり返し発音することが、一番の上達のコツなのです。

6. まとめ

さあ、勇気を出して、英語でレストランの予約をしてみましょう。

このサイトを見ながら

1.予約の流れをイメージしておく
2.聞きたいこと、伝えたいことをメモする
3.メモしたことを練習しておく

これで、準備は万端です。あとは、実際に予約をしてみるだけですね。

もし、うまくいかなくても気にしないで、何度もトライしてみてください。経験を重ね、慣れることで、スムーズに英語で会話が出来るようになります。

自分で直接、英語でコミュニケーションがとれるようになったら、海外旅行を10倍楽しめることでしょう。